○宇津木(うつぎ)隧道
県道38号線を進みます。
古座川峡一枚岩まで12kmの案内標識が見えます。
このトンネルも新しく造られたもので,当時は1車線の道幅で壁面はコンクリート吹き付けでした。


○少女峰  (古座川町月の瀬地区)
別名を十七ヶ嶽とも言います。十七歳の少女にまつわる伝説のある岩山です。
町では観光のポイントとして整備中で,脇の樹木を伐採しました。どのように変貌するのでしょう?
手前を流れる古座川の透明度が足りません。前日の雨の影響であることを願っています。

(つづく)


                         
平成16年度の主な事業