○古座川町 明神(みょうじん)地区
手前の小さな橋は川が増水すると水の中に沈む潜水橋です。3枚合成のパノラマ写真です。

○明神橋
明神橋を渡って県道38号線を進みます。43号線は小川方面で,滝ノ拝という名勝地に至ります。小川上流にはダムが無く,今でも清流を維持しています。ときどきTVで紹介されています。樹木が色づいて見えています。樫の木の開花時期です。

○鶴川橋周辺まできました
橋を渡って左折,佐田方面に向かいます。ここから国道371号線です。昔は県道だったのに,昭和57年に国道に昇格したそうです。計画によると,大阪府の河内長野市から高野山,龍神を経由して串本に至るルートで,途中何カ所も未開通部分があるため,全線開通はずーっと先のようです。調べてみると,未開通区間は40年前と変わっていませんでした。

(つづく)


                         
平成16年度の主な事業